スタンド看板やアドバルーンで宣伝効果アップ~効率よい宣伝方法~

宣伝のための効果

投函

豊富なアドバルーン広告。

アドバルーン広告と言うと、空に浮かぶ大きな風船で下に広告が吊り下がった物がすぐ浮かびますが、実は色々な種類があります。まずサイズで大型と小型があります。設置方法では、風船のように宙に浮かせるタイプと地上に設置するタイプ、固定型と気球や飛行船などの移動型とがあります。設置場所では、屋外用、屋内用、形によってはバルーン型、飛行船型、それと宣伝目的に応じて作った型で分類できます。デザイン面からは、レンタル用既存デザインとオリジナルデザインに分けられますね。大型のアドバルーン広告は遠くからでもよく目立ち宣伝情報を広域に発信できるため、目印や案内目的で使用されます。デパートやモール、住宅展示場、市民祭りなどで使用されていますね。小型の物は小さな風船に店舗名、商品名などが印刷された物で、よく子ども達に配られています。見本市などのイベントでは、各ブースの目印や商品案内として使用され、ブースの真上や正面に設置される事が多いです。この様にアドバルーン広告は豊富ですので、目的に応じて適切な選択をする事が大きな効果につながります。

掴め、ビジネスチャンス

大型のアドバルーン広告は高層ビルやオーロラビジョン設置の増加と共に使用頻度が以前より減少したのは事実ですが、それだからこそ希少性を逆手に取れば、大きなビジネスチャンスがあります。差別化で大きな宣伝効果が期待できるからです。映画館や書店の入り口などにキャラクターを象った大きなアドバルーン広告が設置されている事があり、子ども達が代わる代わるそのキャラクターに抱きついている光景はおなじみです。このタイプのアドバルーン広告の告知効果は、五感に訴え、深いのです。手渡しする風船型アドバルーン広告は手渡された側だけでなく、それを持ち歩く行為によって告知効果がさらに拡大されます。人、特に子どもが、柔らかくてフワフワと浮く風船に何か安らぎ心魅かれるのは、羊水の中に浮かんでいた頃の胎内記憶によるものでなはいかという説があります。それを裏付ける様に時代は変わっても、アドバルーン広告には私たちの印象に大きく残る効果があります。目的に応じたアドバルーン広告をうまく使って、ビジネスチャンスを掴み取りましょう。